「誰か」の反対

2017年3月7日

「誰か」   抽象的な対象を指し示す漠然とした言葉だけど、 実は「誰か」とは、大抵において「自分自身」だ。   誰かの声がする、誰か僕を愛して、誰か。 そんな宛てのない言葉を、匿名の暗闇に向けて吐き捨…

続きを読む

チェンジス

2017年3月6日

慌ただしくすぎて行く日々にうんざりしながら、僕は何度も美容院に行くチャンスを逃していた。 正月をゆっくりと実家で過ごしたのが、まるで嘘のように記憶の中で霞む。 ようやくいつもの鏡の前に落ち着いたのは、3ヶ月振りのことだっ…

続きを読む

泥缶

2017年3月4日

僕は産まれて間もなく高熱を出した。 あまりに小さな身体に帯びた発熱は、母を不安にさせるには十分だった。 早生まれのせいもあって、幼い頃は体力が人より追いつかなかったし、 父の厳格な教えを守って、体力をつけるために、運動部…

続きを読む

好きにならない方法

2017年3月3日

漠然とテレビを眺めながら同じことを呟いてしまったり、 腕を組むとき右腕が上じゃないと落ち着かないとか、 優越感より劣等感の方が心地いいと感じてしまう癖とか。 似てると思うことと、好きになることは、 時々同じ意味を持つこと…

続きを読む

大人のヒーロー

2017年3月2日

あなたには数年の実践で得た知識と経験があって、 そのせいで肥大化した自信が見え透いていることに、出会ってすぐに気づいてしまった。 まるで凝縮されたヨーグルトみたいで、僕はその酸味に吐き気がするんだ。   ヒーロ…

続きを読む

セブンスノート

2017年3月1日

僕よりも早く待ち合わせ場所に着いた君は、 錆びついたストラトキャスターを愛おしそうに膝に抱いた。 ルート音を探す人差し指が、 音楽を聞き飽きた僕に新しい響きを教えてくれる。   基準となる単音に、君だけの音が重…

続きを読む

慣れと忘却

2017年2月26日

これまで当たり前だったことが突然変わることに気がおかしくなるのはいつも最初だけで、 いつの間にか慣れて忘れてしまう。 自分よりも、脳の方が単純にできてるなんて、 何だか笑っちゃう話だよね。   辛いことがあると…

続きを読む

影の輪郭

2017年2月26日

物体や人などが、光の進行を遮る結果、壁や地面にできる暗い領域。 それを、影と呼ぶらしい。   光が直進的に進むから、君の輪郭がその行く手を遮って影をつくる。 影ができる壁や地面には角度がついているから、 その影…

続きを読む

新しい年齢

2017年2月25日

長いような短いような、時計が狂ったままの一年の中で、 たった一日だけ、 死ぬこと、生きることでは無く、 「生まれたこと」を想い出す日が、僕らにはある。   父か母か、どちらかはよく知らないけれど、 出生届と書か…

続きを読む

ストロボ

2017年2月23日

余計な光が君の輪郭を浮かび上がらせることに吐き気がして、 僕は無心でブラインドの隙間を閉じる。 まだ昼間だと言うのに、外の光を遮断してつくった暗室。   この広い暗がりの中で、 君を正確に写し出せるのは僕以外に…

続きを読む